So-net無料ブログ作成

将を射んと欲すれば先ず馬を射よ [競馬]

Screenshot_20180506-082059.png


さて、今年のGWを美しき思いでとするために愛馬たちに頑張ってもらおう。


先週の天皇賞。


馬券は最早、関係ないと達観しながら淀の最後の直線の叩きあいを眺めていた。


大魔神、佐々木の馬が勝つのかと思っていたらクリンチャーが伸びてきた。


ん?さらにはレインボーラインも。



全く競馬を知らない家族に、適当な数字を言って?


と聞いたら


薄緑


と答えてきた。なんだ、薄緑ってのは?土屋太鳳ちゃんや高畑充希ちゃんもそんな色は答えないぞ。


ならば、適当な数字を言って?


と聞いたら


「12」


と。



ん!? 家族は競馬の知識がなく、17頭立てのレースで12番の馬が6枠に収まり、6枠=緑ってことも知らない。



ただ、私は天皇賞は穴狙いで2番人気のレインボーラインも同じ緑の6枠に入った大魔神のシュヴァルグランも買うつもりはなく、彼女の意見は聞き捨てていた。



そんな最後の直線でシュヴァルグランとクリンチャーの叩きあいの内側からレインボーラインが首差で交わしてゴール。


おお、レインボーラインのGⅠ初制覇と岩田ジョッキー、久しぶりだな。




馬券もここまで自分の予想と違えば清々しいのだが、勝ったレインボーラインから下馬した岩田騎手と明らかに歩様がおかしいレインボーライン。


本当に嫌だ。


ウイニングランが出来なくても、レースに復帰できなくてもとにかく最悪の事態だけは避けてほしい。


勝利ジョッキーインタビューも場内のファンも複雑な気持ちでGⅠ馬を見つめている。


競馬番組ではゲストがのんきに取りました!と喜んでいる。


まあ、喜んでいいのでしょうが、複雑。



その後、骨折ではなく放牧に出されたとのこと。


もう、レースには戻さず種牡馬への余生を過ごさせてあげれば。


確かに天皇賞春だけで、種付け料は決していい値段にはならないかもしれないけど。







さあ、今週のMY注目馬。


とにかく無事に帰ってきてくれるのが一番。


そして、願わくば私にお小遣いを運んできて(切実)



今日はシャイニンレーサー系MY注目馬祭り!!


京都の最終レースのユメノマイホーム以外は全てシャイニンレーサーの血が流れている。



ユメノマイホームも一時期絶好調で勝てなくてもよく馬券に絡んだんだよね。


そのころにお世話になった馬。


でも、そろそろMY注目馬から外していいかな。




さあ、かわいいシャイニンレーサーの子孫たち。



新潟5R 3歳未勝利戦 シャイニンオスカー

シャイニンレーサーの娘、ピサノアラバスターの娘。(シャイニンレーサーの孫)


ペーパーオーナーゲーム登録馬だし、人気が無く馬券を買うのは何かしら思い入れがある人だけで、馬券に絡めばおいしいぞ・・・ってえ?10.1倍の5番人気!?


と、こうやって書いているうちにオッズが9.1倍になっている。


おいおいおいおいおいおい、そんなにうちの子の倍率を下げないでくれ。


馬券を買うなよ(私は買うが)





新潟6R 3歳未勝利戦 タガノホタル

シャイニンレーサーの娘であるシャイニンググラスの娘、タイニーシャイナーの娘(シャイニンレーサーのひ孫)


スクショ時点で23.3倍の9番人気。


この娘にとってデビュー戦になります。

そのデビュー戦がなんと新潟競馬場名物の1000m直線レース。

とにかく、テンのスピードと最後のもうひと踏ん張りが利く馬が勝つのですが、シンボリクリスエスを父に持つタガノホタルちゃん。どうなんだろうね。

せめてもの救いは16頭立ての15番枠。新潟の1000m直線はとにかく外枠有利。

多分、15番枠でなければオッズはもっとすごいことになっていたかも。





京都8R 4歳以上500万下 タガノリアン。

タガノホタルのお姉さんです。

オッズは26.7倍の7番人気。


血統を追う時、父の影響は大きいのですが、人気の種牡馬は年間3桁頭数の子孫を残せる。

でも肌馬は1頭の子供しか産めない。だから母系の血脈を追う方が好き。

タガノリアンのお父さんはエンパイアメーカー。

姉妹で頑張って。




そして、久しぶりにシャイニンレーサーの血筋で重賞に出走するよ。


新潟11R 新潟大賞典GⅢ ナイトオブナイツ

オッズは20.4倍の9番人気。


前走で私の応援に対して、お財布を温めるどころか、熱くなるほどお返しを頂きました。


彼はエアスピネルが勝ったデイリー杯2歳S(GⅡ)で4着、善戦を繰り返しながらラジオNIKKEI賞(GⅢ)に出走も7着。

でもその後も13レースに出走して、10回掲示板に乗り、オープン入り。


今回は昇級初戦。ハンデ戦でもGⅠ常連で去年の天皇賞でキタサンブラックの2着に来たステファノスもおり、他にも重賞やオープン戦常連の馬達ばかり。


9番人気も仕方ない。


仕方ない。





・・・・・いっひっひ。


いいねえ、ナイトオブナイツについてはどんなに人気が無くても、馬券はしっかり買うつもり。


人気が無くても、彼が買ったり、入線した価値が変わるわけではない。


そして、人気が無くて、倍率が上がってビビるようなオッズになっても、私の買い目は変わらない。


ならば、ナイトオブナイツが激走すれば・・・。



このレース、同級生(5歳馬)は他に一頭だけ。


となりの枠のハクサンルドルフ。


ああ!!!!!!


ナイトオブナイツの幼馴染だよ。(適当)


ナイトオブナイツのデビューから8R目、2016年4月9日の阪神6R 3歳500万下でハクサンルドルフが一着、ナイトオブナイツが2着。


その次走のあやめ賞でナイトオブナイツはしっかりと勝って、ハクサンルドルフと同じステージに。



ナイトオブナイツ、デビューから13戦目。2016年11月26日の京都7R 3歳以上1000万下。

ナイトオブナイツを首差交わして買ったのがハクサンルドルフ。またお前か!



さあ、ナイトオブナイツ、リベンジだよ!



と、いいつつ2度あることは3度ある馬券も買っておくか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。